FC2ブログ
「本当の自分に返る」
小学生の時、家の前の坂を降りたところに、バレエ教室があるのを見つけました。
ある時、そこの扉が開いていて、中にレオタードを着た女の子たちが足を上げたりしているのが見えました。
何かとても楽しそうで、僕は直感的に習いに行きたくなりました。
「バレエを習いたい」と母に言うと。
「いいけど、あれは女の子のやるものよ」と言われました。
母としては、ただでさえナヨナヨしている僕が、さらに女の子みたいになったら大変だと、心配したのかもしれません。
僕は、それを聞いてなんだか恥ずかしくなって、習うのを諦めました。

生きづらかった中高時代

生まれつき目が悪くて、メガネをかけて、漫画ばかり描いていた僕は、家の中にいることが多く、体も虚弱体質でした。
そんな感じだと、女の子には全くモテませんでした。
高校に進学する頃、マンガ、プラモデル、ラジコンをやめて、メガネも外して、かっこよくなろうとイメージチェンジを図りました。
外見と内面にギャップがある中で、彼女もできたのですが、かっこよくなりたいと思うほど、自分の本質とは離れて行き、だんだん本当の自分がわからなくなっていきました。
彼女も、僕のことがわからなかったようで、結局うまくいきませんでした。
そして、自分が落ち着く場所が少なくなってしまいました。
祖父(辰雄)にはよく「りゅうちゃんは好きなことをやって生きなさい」と言われていたのですが、
好きだった趣味を全てやめて、さあやりたいことをやれと言われても、今さら絵を描いたりすることに戻ることは、僕にとって難しい選択でした。
なので、どんな方向に進んでいいのか全くわからなくなってしまいました。
とりあえず、内向的で、体が弱いという自分を変えたいという気持ちから、造園屋でアルバイトすることにしました。
やったこともない、草刈り、穴掘り、木の剪定など、もともと自分に合わない仕事でしたが、試練と思ってやっていました。

太鼓との出会い

友達の誘いから、この頃、太鼓を叩くことも始めました。
太鼓といっても小さなボンゴでしたが、体を使って健康的だし、意外と上手に叩けて、みんな喜んでくれるので、友達を作るのにも、ちょうどよかったです。
音楽には、人と人とをつなげる、不思議な力があり、引っ込み思案な自分を解放するのに役に立ちました。
太鼓がきっかけで、アフリカに行って、カリンバと出会いました。
太鼓よりもマニアックなこの楽器が自分に合ってると感じ、毎日カリンバを弾いていました。
その時に、太鼓をやるならダンスもやれと先生に言われ無理やりダンスを習い始めました。毎日ダンスを習ううちに、踊ることが好きな自分を発見し、体と心が自由になっていく感覚がありました。
自分が思っていることを、体で表現することはとても気持ちのいいものです。
生まれて初めて、なんのしがらみもない辺境の地で、自分の魂が輝き始めていくのを感じました。
がんじがらめからの、脱出だったアフリカでしたが、日本では得られないものを発見して帰ってきました。
この時アフリカに行かなかったら、きっといまでも、生きづらさの中で生活していたでしょう。

そのままでいい

最近出会った本で「喜びから人生を生きる!」(アニータ・ムアジャーニ著)という本があります。
この本は、周囲の環境にがんじがらめになって、自分の本質を否定し、生きづらさを我慢しつづけた結果ガンになり、死んでしまい。臨死体験中、霊界で、本来の自分の輝きを思い出し、現世に戻ってきたら、三日間でガンが消えてしまったという驚きの実体験が書かれています。
この本にも書いてありましたが、誰でも、その人らしく生きているだけで、一人一人の役割を発揮している、素晴らしい存在なのだと書かれています。
どうして家族や、先生、異性、目上の人々、の目を気にして、自分の個性を曲げてしまい、自信が持てなくなり、生きづらさを感じてしまうのでしょう。
どんな立派な人でも同じ人間で、完璧な存在ではなく、自分の都合や、時に応じて意見が変わったりしてしまうものなのです。
でも神様は、そうではないと思います。
聖書を読んで祈っているといつも、「そのままでいい」という声が聞こえてきます。
僕がしてきた劣等感ゆえの遠回りも、僕の大切な人生の一部ではあります。
でも、やはり、他人より自分が劣っているという考えから頑張るより、「そのまんまの自分でいい」という喜びの中で、努力するほうが、はるかに充実した人生になっていくと思います。

現在の生活

現在は岡山で、自分で直した古民家に住んでいます。お米を作り、村の人に頼まれては、庭仕事をしたり、草刈りをしたり、造園業で学んだ技術が、とても役に立っています。今でも、太鼓を叩いたり、カリンバを弾いたり、作ったりして生活しています。
無論、生活するということは、簡単なことではありません。
住む場所とお米と薪はあるので生きてはいけると思います。
アフリカの農村のことを思えば、それで充分のような気もしますが、車を使うので、多少のお金は稼がなくてはなりません。
夫婦二人で子供がいないこともありますが、本当に困った時は、何処かから仕事が舞い込んだり、楽器が売れたり、不思議と神様がサポートしてくれるので、ありがたく思います。
周囲にも何家族か同時期に移住してきた人たちもおりますが、みんな元気にやっていて、お互い励まし合いながら生きています。
普通の人とは、かなり違った生活スタイルをしているので、周囲の理解も、容易に得られるものではありませんが、例え少数派と呼ばれようとも、これが自分の生き方なのだと思っています。
最近、またダンスを習い始めました。
ダンスを踊っている時、とても自由です。
色々な感情を身体中で表現しながら、生きている自分を実感します。
ずっとやりたかったことなので、楽しいです。
今は、人より変わっている自分の個性を、自分らしいと、楽しんでいこうと思います。
たまに格好つけてしまう自分すら、大目に見てあげて。
スポンサーサイト
2018.09.14 / Top↑
47才、夏。
新たにダンスを習い始める。
何かを始めることはワクワクする。
そこに何があるのか。
自分の体はどう動くのか。
また、動けるようになるのかが楽しみ。
アフリカでダンスを始めた時、まったくそんな気はなかったのに、
あらゆるものが新しい発見だった。
飛ぶこと、まわること、歩くこと、足の動き、手の動き。
神様が作ったこの肉体を全部使って踊る。
自分が自分じゃないみたいに、いや、一番自分らしく。
地面に触れ、空気に触れ、
ダンスをダンスにしていくのはなんだろう
音楽、時に声、目、感覚、心。
遊ぶ精一杯あそぶ
体を使って、指を使って、時に頭もつかって。
考えつくもの全てを使って。
悲しみ、苦しみ、夢、愛、はかなさ、せつなさ、
喜び、生きている今の気持ちを。
風のように、意味などない、主張すらない。
水のように、つぶやきのように、通り過ぎてゆく。
自分の感情を見守る。
僕は、僕自身を、不思議で面白い存在として、ながめる。
不思議で面白い土地、そんな国を訪問するみたいに。
2018.08.18 / Top↑
ニュンガニュンガは、1999年にジンバブウェに行った時に、エファットムジュルさんが教えてくれました。

ムビラを習いに行ったのですが、このニュンガニュンガもやると良いよ。と言われて、ムビラよりも気に入ってしまいました。

日本では、ニュンガニュンガと呼ぶ人が多いのですが、ムジュルさんは、カリンバと呼んでいました。

いつか作ってみカリンバ
たいと思っていたのですがようやく実現しました。
2018.08.17 / Top↑
SUNDRUM with Worldツアーin岡山

満月ライブ&ベトナム報告会

日時:2018年8月26日(日)

16:30からアフリカンダンスワークショップ

18:00からライブ

19:00から食事(500円・持ち込み可)とスライド報告会+演奏

場所:すみれのお宿 岡山県和気郡和気町岩戸493-1

tel.0869-88-0329
世界を旅して各地の民族音楽を吸収しながら活動する、パフォーマンス集団SUNDRUMの坪内一家。SUNDRUM with World(SWW)プロジェクトとして、これまでに台湾、韓国、マレーシア、中国へ渡航し現地の伝統音楽家とコラボレーションしてきました。
SWW第5弾として、ベトナムの山地の少数民族と交流し、現地の音楽とコラボレーションした旅の様子を、写真と映像を見せながら、(演奏もつけて)お話しします。ライブは、カリンバのコイケ龍一をゲストにお届けいたします。現地で仕入れた雑貨も販売。

料金:ワークショップ1000円・ライブ投げ銭
+ 500円で美味しい食事付きに出来ます。(要予約)

出演:坪内敦(ジェンベ)菜央(ダンス)+guestコイケ龍一(カリンバ)

お問い合わせ・予約tel:090-6702-9898コイケ

http://koike-ryuichi.comあつし
ベトナム
ベトマム
2018.07.19 / Top↑