上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
「たとえば一輪の花を買って飾ること」
ライブ前にスケッチ教室のモデルをやった。
スケッチすることも、本当に必要かといえば、いらないものかもしれない、でもそれがあるだけで心がすごく豊かな気持ちになること。
絵を描いてる人たちは、モデルが休憩している間にも、色々話をしたり、お互いの絵を見たり、パーティーみたいですごく楽しそう。
デッサン中、志保さんがムビラを弾いていた、演奏の音がやむと、スケッチしている、パステルの音だけが会場に響いている。
天気のいい平日、みんな子供のような目をして、懸命に描く人たち。
志保さんは善通寺のムビラカフェのオーナー。
ムビラの音に惹かれて、それを伝えるために、今回もムビラライブを企画してくださったり、ムビラの音をもっと広く知ってもらおうとしている。
実際、善通寺ムビラ部もどんどん数が増えている。
人、一人の力というものは、計り知れないと思う。
ずっと販売に関わってきた彼女、たくさんの人に影響を与えている。
ジンバブウェのムビラ作家さん、日本でムビラを弾いている人、文化人類学者さん、音楽関係者etc。
ムビラも、絵も、花もなくても、確かに困らないものだが。
あったら豊かになるもの、楽しくなるもの。
本当は、人生を変えてしまうくらい、それは大きなことだと思う。
p.s.絵は石川さんと言う方のスケッチです。(似ててなんか嬉しいです。)
ルコルシ^
龍
スポンサーサイト
2018.05.17 / Top↑
音楽をただ楽しむためだけにやりたい。
数年前からセッションナイトというイベントを企画してきた。
岡山に来て、音楽好きの人達と繋がりたいということもあったのだが、音楽を純粋に楽しみたいという気持ちが強かった。
見せるための音楽と、生活の中に息づく音楽とは違う。
アフリカの田舎で聴いた太鼓のような、本物の自分が縦横無尽に踊り回って出てくるような、お互いに冗談を言い合うような「遊び」の秘密言葉。
みんな真っ白になって、次の日にまた生きていこうと思えるような、本音をぶちまけ合えるようなバンド、そんなバンドをいつか組みたいと思っていた。
20代の後半に、遺跡発掘のバイトで知り合った関根くん、高円寺で一度、関根くんのバンドにゲストで参加したことがあった。
カッコイイバンド、その後どうしてるかと思っていたが、
4年前に突然岡山のライブ会場に遊びに来てくれた。
彼も岡山に移住して来たという。
まさかの再会、ここ二年くらい、一緒に曲を作ったり、練習してみたり、
お互いの人生で感じていることを、少しづつ音として構築していく。
今回は、ベースとカリンバ、ベースをステージで弾くのは、高校の時、リトルクリチャーズのメンバーたちとのステージで、ベースを弾いて以来。
言っておきたいのは、ショーではない、あくまでも生きた音楽を、そこで演奏するだけだ。
だから素朴かもしれない、それでいい。
車が通るアスファルト道路が、普通のポップスだとすると、僕らのは、砂利道だと思ってほしい。
あえて、砂利道を今でも歩いて生きたいのだ

2018年3/3
奉還町KAMP19:00から
Pressure Dropというイベントで、演奏します。「火を囲む会」
2018.02.16 / Top↑
食べ物を作ったりしていると思う。
量産されたものと、手間をかけて作ったものの内容の違い、
どんな作物だって農家さんは一生懸命作っていて、
その仕事を一つだって軽くは見れないのだが、
自然に育ったものは、一つ一つ重みが違う、魚の生きて来た生涯がその身に詰まっている。
こちらも心していただき、なにか魂が清まるのを感じる。
いつもそんなものを食べれるわけじゃないけど、
いざという時は、どん底からすくい上げる力があるような気がする。
僕もそんな重みのある音を出したい、
自分が生きて来た内容、貫いて来たことを、音に込めていたい。
もしくはすでにそうゆう音なのかもしれない、一人一人完璧な存在の自分を尊びつつ、今の音を出してゆく。
そんなことを思う2018年新暦正月だ。
(ちょっとブリっ子だったかな)
2018.01.02 / Top↑
足湯
湯郷音泉
前々からやってみたかった、「足湯deムビラ」香川県からや笠原からもムビラーが駆けつけ、一時間くらい熱を入れて弾いた。
思った通り、これはとても気持ちいい、足も体もホカホカ。
このまま二時間でもずっと弾いていたい気持ちになった、体の芯からあったまって、汗をかきながらムビラを弾くのは、きっととても体にいいと思った。またやりたい。
松本弥生さんとは、今年何度もライブをしているせいか、とてもいい感じ。
今回は、やよいさんが、練習の時から歪み系のエフェクターを使用し始め、本番もかなりパンクな音になっていて、彼女の違った面が噴き出している感じがした。
最後にハブヒロシさんと三人でチャパティーをやっていると、懐かしくも嬉しい、5年前に解散してしまった、「Zungooca」のような気持ちになった。
マンゴーさんとハブさんの演奏。面白いトークと熟成した演奏、お客さんの心をはなさない、魅力的なステージだった。ハブさんの太鼓を叩く姿は、とても面白い。
みんなで、周りながら民謡を踊って終わった。
松原さんのPAも素晴らしくいい音を響かせていた。
初めて企画してやらせていただいた湯郷「Dot café」とても協力的で、楽しくライブできました、ありがとうございます。

明けて朝7時から家を出て、土砂降りの中、牛窓へ。
マーコバンドの「瀬戸フェス」でパーカッションを叩いた。
舞台に横から雨が降っていたので、太鼓の皮にビニールを貼ってシャカシャカしながらの演奏。そんな中でも笑顔で演奏できたのは、雨の中でも、懸命に来てくれて、楽しんでくれていたお客さんがいたから。
来てくれたお客さん、皆様ありがとうございます。
2017.10.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。