神戸の震災復興イベントで出会ったサカキマンゴーさん、
イリンバを広めるのに随分貢献してくれている。
「親指ピアノ道場」という本や、TV,ラジオなど数々出演して、日本の僻地まで隅々ツアーをしてイリンバの魅力を伝えている。
一緒に演奏するハブヒロシさん、東京での超多忙なバンド活動から、歩いて岡山に来て、高梁の地域活性化に多大な影響と勇気を太鼓で盛り上げてくれている。
マンゴーさんの歌は、彼の故郷、鹿児島弁で歌われ鹿児島弁をポップに楽しく紹介している。
ローカルをポップにして生かそうとする二人を、湯郷に来てもらって、また湯郷を盛り上げてもらおうということで、「湯郷音泉」というイベントにした。
足湯に入ったり、音のシャワーを浴びて、リフレッシュしに来てください。
湯郷音泉
湯郷音泉 親指ピアノと太鼓  Mbira&Kalimba with遊鼓
日時:2017年10月28日(土)
開場14:30 開演15:00終演17時ラストオーダー17時
場所:Dot Café
〒707-0062岡山県美作市湯郷799

http://www.team-samourai.com/dot/index.html

車でお越しのお客様は、美作市営湯郷駐車場(一日300円・徒歩4分)をご利用ください。
TEL0868-72-1559
出演:サカキマンゴー、ハブヒロシ、コイケ龍一、松本弥生
料金:予約2000円 当日2500円(共にドリンク付き)
ご予約・お問い合わせ:090-6702-9898(コイケ)
mb2xj8@bma.biglobe.ne.jp

出演者プロフィール

サカキマンゴー:アフリカの楽器・親指ピアノと南九州の板三味線・ゴッタンの演奏家。大学ではスワヒリ語を専攻、アフリカ各地で音楽修行を積みながらも、伝統楽器を独自に電気化して無二の世界を切り開く。その活動は仏AFPや英BBCなどでも紹介された。地元の楽器ゴッタンや鹿児島弁での曲作りにも取り組み、昨年は所属バンド、クアトロ・ミニマルとともにニューヨーク、メキシコ・シティー、ブエノスアイレスなどアメリカ大陸9箇所で公演した。NHK「妄想ニホン料理」、MBC「てゲてゲ」ではテーマ曲を担当。

ハブヒロシ

金ノプロペラ舍 代表
遊鼓奏者 公益社団法人 調和道丹田呼吸法 理事 高梁市地域おこし協力隊
インドネシアの国立芸術大学スラカルタ校でのガムラン音楽研修や、セネガルの人間国宝ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ・ファミリーのもとでのサバールドラム修行など、世界各地の音楽を学ぶ。_
世界の音楽を学べば学ぶほど自分の出自というのを見つめざるを得なくなり、長年の模索を経て西暦2012年に遂に自作の太鼓 「 遊鼓 」 が生まれる。
それと同時に、人類の直面する行き詰りの解きに微力ながらも貢献したいと思い立ち、現在に生きる新たなる活力・遊び・神話を再び生み出すハイパークロスなチーム「 金ノプロペラ舎 」を設立。
西暦2017年1月11日、遊鼓を叩きながら東京から移住先の岡山県高梁市有漢町まで約770kmの道のりを歩く「 遊行遊鼓 ⿻ Let's go OKAYAMA!!! 」を完遂し、様々なメディアに取り上げられる。
その2カ月後には東京から亡き祖父母の故郷である宮城県亘理郡まで遊鼓を叩き歩く「 遊行遊鼓 ⿻ ハブの原郷ワタリ 」を完遂。
偶然にもゴールが3月11日となり、八重垣神社にて奉納演奏させていただく。
現在は自ら開発した「 宇宙飛行暦 」の制作や「丹田呼吸法」の伝承、「打っただヒカル」等の造形活動の他、「馬喰町バンド」や「SUNDRUM」、「高梁市地域おこし協力隊」のメンバーとしても活動中。


コイケ龍一(カリンバ・ムビラ・太鼓・うた)
1971年東京生まれ。
20才の頃、太鼓に目覚め、アフリカへ太鼓修行に行く。
タンザニアのリンバ(親指ピアノ)に出会い、フクウェ・ザウォセ氏に習う。
帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として全国でコンサートを行う。
29歳ジンバブウェに行き、ムビラ(親指ピアノ)をエファット・ムジュル氏に習う。
現在、岡山在住。演奏活動と平行してカリンバ制作にも取り組んでいる。
http://koike-ryuichi.com/

松本弥生(ムビラ・うた・パーカッション)
愛知県出身。Catミュージックカレッジ専門学校卒。
2006年、旅の途中でムビラと出逢い、演奏を始める。
大阪、名古屋でいくつかのアフリカ音楽のバンドで演奏。
2009年、ジンバブウェのショナ族の村に滞在し、
現地での生活と音楽のつながりに影響を受ける。
2015年より岡山県に移住し、新しい生活に奮闘中。
アフリカの不思議な音色をお届けします。

ムビラ・カリンバとは。
木の板や箱に鉄の弁が貼ってある親指で弾くオルゴールのようなアフリカの民族楽器です。
地域によって呼び名が変わる。日本では親指ピアノとも呼ばれる。
スポンサーサイト
2017.10.11 / Top↑
マーコさんバンド(小林宏志さん(G)、草信泰典さん(B)、次田任徳さん(Dr))のメンバーの一人として演奏するが、
別バンド「Balambira」の一員としても演奏する。
こちらは、松本弥生さん(mbira・歌)とベノワ・ミロゴさん(バラフォン・ジンベ)の三人のグループ。
照れ屋カフェオーナーのプロデューサー小林宏志さんの提案で今回のために特別に組まれたバンドだ。
小林さんは、カフェででもそうだが、いつも色々な人と出会わせてくれる。ありがたい。
ベノワさんは大西まさやくんと「バランゴマ(バラフォンとンゴマだから)というバンドをやっている。
そのまさやくんの許可を得て名前のアイデアを拝借して「バランビラ(バラフォンとンビラ)」にしてしまった。(笑)
プロデューサー小林さんの勘がここでも冴えていたのか。
すごい面白いことになっている。
三人での初演奏、集中力は半端ではない。 こちらもドキドキである。
船に乗る前から、リハーサルをしたり、TVに出たり、もう乗船しているみたいに9/18に向かっている今を楽しんでいる。
らいぶくるーず小
2017.09.13 / Top↑
そーそー
ピアノの重松壮一郎,風の音楽家(ウクレレの平魚泳、馬頭琴の岡林立哉さん)
の人たちとライブがあります。

現在オランダ・ベルギーをツアー中の重松さん、ヨーロッパでの反応,いいみたいです。
お酒が大好きな彼、ヨーロッパのビールに酔いしれていることでしょう。
旅の音楽家とはいえ、毎日遊んでいるわけではなく,
日々淡々と、音を紡ぎ平和を祈っている、
普段の穏やかな見かけとは裏腹に、大学生時代はロッカーになりたかったという、激しさも兼ね備えている。
旅とピアノ、白と黒の似合う彼、
白と黒の鍵盤があれば、自由にどこにでも行けるような、即興的な性質は、どこかロッカーなのかもしれない。
今回は、民族音楽の楽器が多く入った、コラボレーション、ヨーロッパ帰りの自信をつけた彼が、どんな音を持ち帰ってくるか楽しみです。
──────────────────
9/09(土)岡山 | 自由空間DON(牛窓)

日本のエーゲ海・牛窓の青い海を望む丘の上の空間から、旅の音をお届けします。アフリカの優しい音色を響かせるムビラ奏者・コイケ龍一とのセッションもお楽しみに!

◯とき: 9月9日(土)
◯会場: 自由空間DON
(岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2227-8 / tel: 0869-34-5937)
◯アクセス: JR邑久駅より車で22分
◯時間: 開場16:30 開演17:00(終演予定19:00)
◯料金: 前売2500円 当日3000円 / 中高生1000円 / 小学生以下無料
◯出演: 平魚泳(歌、ウクレレ、ジャンベ)、岡林立哉(馬頭琴、ホーミー)、重松壮一郎(ピアノ)、コイケ龍一(親指ピアノ、パーカッション、歌)

【ご予約・お問い合わせ】
みずのえ(重松)
mail: soso@livingthings.org / tel: 090-6518-6963
オンライン予約: http://www.livingthings.org/reserve
2017.08.30 / Top↑
小谷野哲郎 コイケ龍一
バリとアフリカ ガムランとムビラ小谷野・コイケチラシ絵

2017年6月4日(日)18:00open19:00start
場所:かぴばらこーひー 岡山県真庭市勝山158
http://capikopi.com/
料金:2000円(+オーダー)定員20名(要予約)
予約:090-6702-9898(コイケ)
メール:mb2xj8@bma.biglobe.ne.jp
出演:小谷野哲郎(ガムラン・踊り・笛・語り) コイケ龍一(カリンバ・ムビラ・太鼓(ンゴマ))

小谷野哲郎
(バリ仮面舞踊家、役者)
1970年東京生まれ。現在岡山県勝山在住。
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながらも、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。
役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池峯神楽の舞手としても活動している。
バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。
http://urotsute.com/

コイケ 龍一
(親指ピアノ・うた・パーカッション)
1971年東京生まれ。20歳の頃、太鼓に目覚め、アフリカに太鼓修行に行く。タンザニア国立バガモヨ芸術大学で太鼓と踊りの勉強中リンバ(親指ピアノ)に出会う。フクウェ・ザウォセに習う。帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として全国でコンサートを行う。29歳ジンバブウェに行き、ムビラ(親指ピアノ)をエファット・ムジュルに習う。
現在、岡山在住。牧歌的生活を目指しつつ、楽器制作、演奏活動に取り組んでいる。http://koike-ryuichi.com/
http://koike-ryuichi.com/event/バリとアフリカ%E3%80%80ガムランとムビラ/
2017.05.09 / Top↑