上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小谷野哲郎 コイケ龍一
バリとアフリカ ガムランとムビラ小谷野・コイケチラシ絵

2017年6月4日(日)18:00open19:00start
場所:かぴばらこーひー 岡山県真庭市勝山158
http://capikopi.com/
料金:2000円(+オーダー)定員20名(要予約)
予約:090-6702-9898(コイケ)
メール:mb2xj8@bma.biglobe.ne.jp
出演:小谷野哲郎(ガムラン・踊り・笛・語り) コイケ龍一(カリンバ・ムビラ・太鼓(ンゴマ))

小谷野哲郎
(バリ仮面舞踊家、役者)
1970年東京生まれ。現在岡山県勝山在住。
東海大学音楽学課程在学中よりバリ島のサウンドスケープ研究の傍ら、バリ舞踊を始める。同大学院修了後、1995年よりインドネシア政府給費留学生としてバリに留学。帰国後、プロのバリ舞踊家として活動を開始。バリの仮面やガムラン音楽、影絵を駆使しながらも、バリの枠にとらわれずに国内外で様々なジャンルのアーティストたちと公演活動やワークショップを展開。
役者としてもコンテンポラリーの舞台などで活躍。近年では岩手県遠野市の早池峯神楽の舞手としても活動している。
バリガムラン芸能集団「ウロツテノヤ子」、影絵ユニット「ウロツテノヤ子バヤンガンズ」主宰。日本インドネシア芸術文化交流オフィス「ジュクン・ミュージック」代表。
http://urotsute.com/

コイケ 龍一
(親指ピアノ・うた・パーカッション)
1971年東京生まれ。20歳の頃、太鼓に目覚め、アフリカに太鼓修行に行く。タンザニア国立バガモヨ芸術大学で太鼓と踊りの勉強中リンバ(親指ピアノ)に出会う。フクウェ・ザウォセに習う。帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として全国でコンサートを行う。29歳ジンバブウェに行き、ムビラ(親指ピアノ)をエファット・ムジュルに習う。
現在、岡山在住。牧歌的生活を目指しつつ、楽器制作、演奏活動に取り組んでいる。http://koike-ryuichi.com/
http://koike-ryuichi.com/event/バリとアフリカ%E3%80%80ガムランとムビラ/
スポンサーサイト
2017.05.09 / Top↑
http://koike-ryuichi.com
先週末3/11,12Liveがありました。

11日ボヌールさんは美味しいベジタリアン料理とお洒落な店内を演出。
共演していただいた松本弥生さんは去年うちの近くに引っ越してきたムビラ奏者。
東京のムビラサミットというイベントで何度か顔を合わせていた彼女が、まさかこんなに近くに越して来ようとは!!!
今回2回目の共演でした。
岡山にだんだんムビラーが増えてきている、不思議です。

12日は香川のルコルシーさんでソロライブでした。今や香川のムビラを広めていく発信基地のようになっているお店、店の方の心のこもった準備、で幸せな時間をプロデュースしてくださいました。
ablaboさんの廃油キャンドル、美味しい料理、お店の人の温かい心使いに支えられて、二つのライブはとてもいい時間でした。
「音楽は生活の埃を払う」アートブレイキーが言った言葉。
生活で辛いことがあっても、音楽でたまに、歌ったり、手を叩いたり、踊ったり。そんな時間を過ごすだけで、明日への活力につながる。
外国の方や、見知らぬ人とも繋がれるのも音楽の不思議な力。
音の中で遊ぶうちに。
いつのまにか、微笑みが溢れてくる。
4月11日には、スミサンも岡山に来て、岡山市北区建部ののカフェで「ムビラの宴」ももようされます。そちらもお楽しみに。

心地よかった🕯♩♫ ずっとずっと聞いていたい。

chiyo egashiraさん(@bonheur_vege)がシェアした投稿 -


2017.03.13 / Top↑
ボヌール
acousticムビラ・キャンドルナイト
ボヌールにてアフリカの楽器ムビラ奏者2人によるキャンドルライブ。
灯と料理そして音楽のボヌール(しあわせ)時間をお楽しみください。

日時:2017年3月11日(土)
  
18:00open ディナータイム
  
19:00 live start 21時頃まで

場所:ベジタリアンカフェbonheurボヌール
岡山県津山市東一宮651-4
料金:2500円(ディナープレート付き)要予約
お問い合わせ・ご予約090-3636-6445(ボヌール)
出演:コイケ龍一(ムビラ・カリンバ・太鼓・うた)・松本弥生(ムビラ・うた・パーカッション)
キャンドル:Ablabo

ムビラ・カリンバとは。
木の板や箱に鉄の弁が貼ってある親指で弾くオルゴールのようなアフリカの民族楽器です。
地域によって呼び名が変わる。日本では親指ピアノとも呼ばれる。

【 コイケ龍一】
(カリンバ・ムビラ・太鼓・うた)
1971年東京生まれ。
20才の頃、太鼓に目覚め、アフリカへ太鼓修行に行く。
タンザニアのリンバ(親指ピアノ)に出会い、フクウェ・ザウォセ氏に習う。
帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として全国でコンサートを行う。
29歳ジンバブウェに行き、ムビラ(親指ピアノ)をエファット・ムジュル氏に習う。
現在、岡山在住。演奏活動と平行してカリンバ制作にも取り組んでいる。
http://koike-ryuichi.com/

【 松本弥生】
(ムビラ・うた・パーカッション)
愛知県出身。Catミュージックカレッジ専門学校卒。
2006年、旅の途中でムビラと出逢い、演奏を始める。
大阪、名古屋でいくつかのアフリカ音楽のバンドで演奏。
2009年、ジンバブウェのショナ族の村に滞在し、
現地での生活と音楽のつながりに影響を受ける。
2015年より岡山県に移住し、新しい生活に奮闘中。
アフリカの不思議な音色をお届けします。

【 ablabo】
(廃油キャンドル)
ablabo.は岡山県西粟倉村にある油屋さんです。美味しい油を心を込めて搾っています。
油の魅力をたくさんの方に伝えるためにイベント活動も行っています。
http://ablabo.org/
居眠るっこ

full moon Kalimba&Mbira night

満月のカリンバ・ムビラナイト
場所:café RUKORSSIルコルシー
香川県善通寺市善通寺町1-1-2
tel.0877-63-0048
料金:1000円+オーダー 限定20名
日時:2017年3月12日(日曜日)18:00open19:00start
出演:コイケ龍一(カリンバ・ムビラ・太鼓・うた)
スペシャルメニュー:赤米を使ったスイーツ(未定)

アフリカの親指ピアノ、カリンバ・ムビラの音に導かれ、満月の小旅行。
普段の生活から少し離れて、それぞれのストーリーをゆっくり味わう時間。
無農薬自然栽培の赤米で作ったおいしいスイーツも用意いたします。

コイケ 龍一 (アフリカンドラム・親指ピアノ・うた)
1971年生まれ。20歳の頃、太鼓に目覚め、アフリカに太鼓修行に行く。
タンザニアのリンバに出会いフクウェ・ザウォセ氏に習う。
帰国後、日本でアフリカ文化紹介の活動として、ハクナターブの一員として全国でコンサートを行う。
29歳で再度アフリカを目指す。ジンバブウェのムビラに出会う。エファット・ムジュル氏に習う。
現在、岡山在住。牧歌的生活を目指しつつ、楽器制作、演奏活動に取り組んでいる。
2017.03.01 / Top↑
岡山で今、最注目されている歌姫、marcoさんのCDに2曲パーカッションで参加しました。
CDはかなりポップで明るい岡山ならではの感じが伝わって来ます。
今年特に乗りに乗っている感じで、いい味出てます。
2017年4/15(土)のmarco super acoustic liveにも出演させてもらいます。
marcoさんは、2016年おかやま国際音楽祭 エンターテイメントチャレンジでグランプリを受賞されております。
CDは岡山に来てから色々とお世話になっている、牛窓のてれやカフェの店主小林宏志さんのプロデュース作品、自ら作曲ギター演奏もなさってます。
marcoさんとは、マンスリーライブ以来の共演です。
ドラム・パーカッションの次田さんベース・ギター・マンドリンの草信さんと初顔合わせ、どんな演奏になるか楽しみです。

場所:岡山市民会館
時間:17時開場18時開演
前売り3000円当日3500円
marco チラシ
marco album
2017.02.11 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。