CD
CD発売いたしました。
5/24には、発売記念ライブ、青梅の「麦」でやります。

CDは、重松壮一郎さんのwebサイト内「ご注文フォーム」からお買い求めいただけます。
http://www.livingthings.org/contact/order.html
(2009年5月24日より発売開始)

ぜひご一聴くださいませ!


「森あそび」コイケ龍一+重松壮一郎
1. Safari
2. 木もれびダンス
3. 子どものうた
4. 森へ遠く
5. ネマムササ
6. 森の許し
7. 妖精のうたたね
8. みずよとわに
9. 虫の行進
10. 森の涙
11. Amazing Grace

All songs performed and arranged by Ryuichi Koike and Sohichiroh Shigematsu
Recorded by Ryuichi Koike at Nagano Matsubarako-Sanso in July, 2007
Mixing and Mastering by KOHKI(STUDIO-KOHKI)
http://studio-kohki.cocolog-nifty.com
Designed by Hikari Shigematsu(mizunoe)
Illustration by Hikari Shigematsu and Sohichiroh Shigematsu(mizunoe)


重松壮一郎(ピアニスト、作曲家) プロフィール

http://www.livingthings.org
即興演奏やオリジナル曲を主体としたライブ活動を国内外にて年間100回以上行う
「旅するピアニスト」。2004年・2006年にはアメリカ、2008年にはオーストラリアでもツアーを行う。
「人間だけでなく、生きとし生けるもの全てに向けて音を紡ぐこと」というテーマをもとに生み出される
「息をして」「水滴のダンス」「みずよとわに」などの人気のオリジナル曲や、その場にいる一人一人の
想いを音にしているかのような即興演奏は、現代に生きる人々の心に深く響き、世代や国境を越え
多くの共感を呼んでいる。
またその音は、全国におけるツアー活動を通じて、人々や自然とのつながりのなかで育まれ
川の流れのように変化し続けている。
各種イベント、テレビ/ラジオ番組、医療・福祉施設にて演奏するほか、アート・イベント、
平和コンサート、野外音楽祭など多くのイベントを主催。
また、ジャンルを超えたあらゆる表現者とのコラボレーションを積極的に行っている。
2005年4月、ダライラマ法王14世の熊本への来日記念ドキュメンタリー映像の音楽を熊本在住の
唄い手・川原一紗とともに担当。同年7月、NHK熊本放送局制作のテレビ番組「金曜ライブ」に出演し
生放送で即興演奏など行う。
同年7月、オーストラリアのシンガー・ソングライター / 環境活動家のアンニャ・ライトが南米に伝わる
物語を歌にした「とべ、クリキンディ~ハチドリの歌」のレコーディングに参加。
2008年4月、J-WAVEがpodcastで提供しているロバート・ハリスの番組「Planet green Podcast」にて
楽曲「金峰山にて」が取り上げられる。
同年10月、四国放送テレビ「即興にこだわるピアニスト~重松壮一郎」が放送される。
生きとし生けるもの全てとの共鳴から音を紡ぐピアニスト。


小池龍一(親指ピアノ、アフリカン・パーカッション) プロフィール

http://homepage2.nifty.com/ilimba/
1992年、太鼓修行のためタンザニアに渡り、現地でイリンバ(親指ピアノ)と出会う。
フクウェ・ザオセの甥チャールズ・ザオセに師事する。
1999年、ジンバブウェにムビラ修行、エファット・ムジュルに師事する。
現在、ソロ活動や各地でのワークショップ開催のほか、ギタリストOto氏
(ex.じゃがたら、ビブラストーン)とのユニット「ムビラトロン」のメンバーとしても活躍中。

スポンサーサイト
2009.05.20 / Top↑