今、世界中のミツバチが大量死の危機に曝されています。
2007年春までに北半球の1/4のハチが消滅しました。
原因はストレス、ダニ、温暖化等様々な説がありますが、
1990年代から使用され始めたネオニコチノイド系農薬に大きな原因があると言われ初めています。

日本各地でもミツバチ大量死が報告され、この危機を日本中の人々に知ってもらおうと、
有機農の里、埼玉県小川町の農家、金子美登らが、
「ミツバチを救えプロジェクト」を立ち上げDVD制作に取り組みました。

各界の専門家や養蜂家の言葉をもとに、被害や原因追求の成果、さらには人への影響まで映し出しています。

DVD出演者 久志冨士男(養蜂家)
       黒澤洋一郎(東京都神経科学総合研究所医学博士)
       藤原誠市(藤原養蜂家社長)
       藤原誠太(藤原養蜂家事務)
       大谷剛(兵庫県立大学自然環境科学研究所教授)
       田口操(こどもの園園長)

呼びかけ人 魚住道郎(有機農家 NPO法人有機農業研究会副理事長)
      金子美登(NPO法人全国有機農業推進協議会理事長)
      鎌仲ひとみ(ドキュメンタリー映画監督)
      田中優(未来バンク事業組合理事)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「ミツバチを救え!」DVDプレ上映会+トークライブ


■日 時:11月6日(土)13:30~15:30
■出 演:
・御園孝 (みそのたかし)
造園家。有限会社蕗庭園社長。NPO「まず蜜源植物から始めよう」主催。「ミツ バチを救え!」DVD制作実行委員長。造園家として、植物等、自然と触れる中か ら、ミツバチと出会い、日本ミツバチの捕獲を各地で体験する中から、ミツバチ の危機を知り、プロジェクトを始める。

・ムビラトロン
サヨコオトナラのギタリストOto(ex.じゃがたら)と、イリンバ(親指ピアノ) を演奏するコイケ龍一の二人のユニット。ムビラサミットを主催。無農薬の農園 や木こり達のいる場所など、サステイナブルなヴィジョンのある場所と積極的に 交流している。

■料 金:1,500円(なるべく要予約・定員25名)
■場 所:カフェスローギャラリースペース

■予約申込み:
・メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員に達し次第締切とさせていただきます。

・電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

■cafe slow(国分寺)

国分寺市東元町2-21-10
042-401-8505
http://cafeslow.com
スポンサーサイト
2010.10.25 / Top↑