12月6日(金)暗闇カフェ

毎日の暮らしの流れから、
そっと抜けだし、キャンドルを灯す。
ほっとして、
ぽっと心が温まる。

闇と光を楽しみませんか。



☆☆☆ カフェスローからの紹介文 ☆☆☆

この日は、親指ピアノのやわらかい音色で、光と闇を包むコイケ龍一さんとやさしい歌声と心やすらぐウクレレを奏でるAOAQUAさん。

12年間の暗闇カフェの歴史のなかでも屈指のゆったり気持ち良い空間を演出してきた、息のあったおふたり。今回のテーマは「新たな一歩」new begining。

今ここにしか生まれ得ない生きた音=ライブを暗闇とキャンドルの灯火のなか、お楽しみください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●暗闇演出人:コイケ龍一(親指ピアノ・唄) AO AQUA(ウクレレ・唄)

●日 時:12月6日(金) 18:30オープン 22:00クローズ
     暗闇演出人によるライブ:20:00~21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー

●予約申込み
・メール申込みフォーム
http://www.cafeslow.com/apply.html
・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)
国分寺市東元町2-20-10
カフェスロー


暗闇演出人プロフィール

【コイケ 龍一】
東アフリカのリンバ・ムビラを現地で習い、のどかな生活に触れ、現代生活を考え直している課程で生まれた曲を、ブルース・ロック・アフロ・レゲ・音響などを織り交ぜカリンバで表現している。

【AO AQUA (アオ・アクア)】
10代よりヴォーカリストとして活動。2003年にウクレレと出会い、平和の感覚を呼ぶメッセージを作詞作曲し、オリジナルの世界で歌い始める。世界を虹色に♪を合い言葉に全国でライブ演奏を行っている。ハワイアンシンガーとしても本格的に活動。2013年ビクターより発売のCD『Na Mele Aloha Hula』に参加。ハワイでのレコーディングを経験する。その他にオリジナルアルバム2枚、Photo music book、ハワイアンミニアルバム『Hali'a』をリリース。iPhoneアプリ『はじめてのハワイアンウクレレ』監修&出演。


2013年12月18日
13:00

岡山県和気郡和気町岩戸493-1

岡山の豊かな自然に囲まれた古い日本家屋「すみれのお宿」全国から集まるすみれさんの所で踊りと太鼓の体験イベント。
東京で活躍中の太鼓と踊りのアートチームSUNDRUMから、坪内敦(per.)×大島菜央(dance)×荒井康太(ds・太鼓)の和フリカンな太鼓と踊りの時間をおたのしみください。
ライブには親指ピアノのコイケ龍一も参加します。

アフリカンダンス&太鼓ワークショップ
日時12月18日(水)

開場 13:00

◎14:00~15:00 八丈太鼓ワークショップ
(初心者でも簡単に楽しめる内容です。)
・参加費1000円(太鼓はこちらで用意いたします。)


◎15:30~17:00 アフリカンダンス&ジンベワークショップ
(初体験の方もお気軽にご参加ください。)
・参加費1500円(ジンベかダンスをお選び下さい。ジンベはご持参下さい)
・持ち物…動きやすい服装、タオル、水分


◎18:00~19:00 ミニライブ!!!
SUNDRUM+guestコイケ龍一(Kalimba・うた)

・参加費 ワークショップ参加の方は、500円、ライブのみは1000円。
+500円で夕食プレート付に出来ます。
・飲みもの持ち込み自由

すみれのお宿での宿泊+朝食も応談いたします。

→場所:岡山 すみれのお宿
岡山県和気郡和気町岩戸493-1
Tel.0869-88-0329
http://sumire114.exblog.jp/

→ご予約・お問い合わせ
090-4652-3141(坪内)
mail:tsubonouchi@gmail.com



☆メンバープロフィール☆

★坪内敦

1982年兵庫県生まれ。パーカッショニスト、音楽家。
 ジェンベなどのアフリカンドラムを中心とした打楽器を、あらゆるスタイルをmixし、独自の解釈で演奏する。足繁くアフリカへ通い、西~中央アフリカ12カ国(ギニア、セネガル、マリ、ブルキナファソ、コー トジボアール、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカ共和国、ガボン)への 渡航で各民族の伝統の太鼓を教わり、根源的な文化を体験する。2007年より、関西を拠点に三田村管打団?、グラインドオーケストラのパーカッショニストとして活動。 その後東京に拠点を移し、Indus&Rocksとのコラボレーションなどを経て、2009年打楽器と歌とダンスの超 次元セレモニーバンドSUNDRUMを結成。全国でのライブ活動の他、横浜トリエンナーレ2011、松本りんご音 楽祭2012春、秋、新潟大地の芸術祭2012などの各種フェスティバルに出演。 またソロライブ、様々な分野 のアーティストとのコラボレーション、ワークショップ、路上での即興演奏を行っている。
2012年にはオー ストラリア~アフリカ~ヨーロッパと6ヶ月のバスキング、現地ミュージシャンとのツアー。風に乗って音の旅を続ける音楽家。
http://tsubouchiatsushi.blogspot.jp/




★大島菜央

ダンサー。
4才でバレエを始め、その後も踊ることにのめり込み、日本女子体育大学舞踊学専攻を卒業。 在学中から、ダンスカンパニー“マドモアゼル・シネマ”のメンバーとして国内・海外、全ての公演に出演。ワークショップを展開。’11年 ポーランド グリフィノ国際フェスティバル“シュツコバニエ2011”観客賞受賞。
踊り始めて24年が経ち、踊りの根源とは何ぞや?と思い立ち、全ての起源であるアフリカへ旅立つ。旅をしながら都会のショーダンス、ジャングルの奥地に住むピグミー族の儀式の踊りなどあらゆるダンスを経験し、帰国。’12年、坪内敦とともにオーストラリア~アフリカ~ヨーロッパと6ヶ月のバスキング&修行ツアーを行い、’13年帰国。現在はライブや各種フェスティバル等でアフリカンダンスを取り入れた独自のダンスを踊り続ける。都内でアフリカンダンスワークショップを開催中!!
打楽器と歌とダンスの超次元セレモニーバンド“SUNDRUM”メンバー。
音と体のパフォーマンス集団“つむぎね”メンバー。


★荒井康太

http://kotatatakataton.jimdo.com/
伊豆諸島最南端の孤島青ヶ島出身
幼い頃から 青ヶ島の伝統太鼓や島唄に慣れ親しみながら育つ。現在では青ヶ島還住太鼓とその先祖となる 八丈太鼓の様々なリズムを叩き分けることので きる伝統太鼓の名手である。 15歳から独学でドラムを叩き始める。高校進学 後、千葉を拠点にドラマーとして活動を始め る。その後アフリカを代表するカメルーンのド ラマーBrice wassy
の演奏に衝撃を受け、彼の 弟Vincent wouassiに師事。現地カメルーンに 渡りのトラディショナルリズムをエッセンスと したドラミングを学ぶ。ジャズ、ポップス、 ロック、アフリカなどの民族音楽から即興音楽 のシーンまで幅広いジャンルやステージで演奏 活動を行い、伝統太鼓やアフロリズムの豊かな ルーツを吸収した深く独特なリズムによって生 み出されるリズムの磁場とその自然体なグルー ヴで高い評価を得ている。


★コイケ 龍一
東アフリカのリンバ・ムビラを現地で習い、のどかな生活に触れ、現代生活を考え直している課程で生まれた曲を、ブルース・ロック・アフロ・レゲ・音響などを織り交ぜ、カリンバで表現している。
スポンサーサイト
2013.12.01 / Top↑