アルバム「とけあう」発売記念ライブツアーin岡山
ハワイのウクレレとアフリカのムビラ
やさしく心にとけあう音楽

AO AQUAさんが岡山にやってきます。
アクアさんは、日本のハワイアンシンガーで若手No.1。日本中飛び回って歌っています。
私コイケ龍一と10年間一緒にライブをしてきた二人の集大成として、今年3月CD「とけあう」をリリースしました。
今回はCD発売記念ツアーとして岡山県で3カ所ライブしてまわります。

AO AQUA +コイケ龍一
2016年10月7日(金)
場所:岡山市北区表町1-3-12 Y.S21ビル2F
スリープスムース
Tel.086-233-6789
時間:19:30 open 20:00 start
料金:投げ銭制

2016年10月8日(土)
場所:岡山県勝田郡勝央町豊久田163-2
NUTTYPLANT
tel.080-5626-1632
時間:18:00 open 19:00 start
料金:1500円(ドリンク付き)
中学生以下無料
オープニングアクト kokochi(まき)

2016年10月9日(日)
時間:18:30 open 19:00 start
場所:瀬戸内市牛窓町牛窓4178
てれやカフェ
Tel.0869-34-5397
料金:予約1200円
   当日1500円(ドリンク別)

予約・問い合わせ:090-6702-9898(コイケ)
nrr00336@nifty.com

【AO AQUA】ウクレレ シンガーソングタイラー
小学生の頃から歌手を夢見て毎日自宅で歌うようになる。2003年にウクレレと出会い、
平和の感覚を呼ぶメッセージを作詞作曲し、オリジナルの世界で歌い始める。シンプ
ルでいて独自の感性から生まれる言葉と、琴線に触れる深い歌声で、聴く人の胸を打
つ。
2011年、東日本大震災をきっかけに、写真家むらいさちとPhoto&Music book
『BlueHourまほうのじかん』を発表。『遠くの友だちプロジェクト』と称し、売上げ
の半額を被災地への支援金とする活動をしている。

ハワイアンシンガー“Keiko”としても本格的に活動しており、2015年に発売したアルバ
ム『Kupulau』が、2016年ハワイのグラミー賞といわれる音楽賞、ナ•ホク•ハノハノ•
アワード最優秀インターナショナル・アルバム部門にノミネートされた。ウクレレ講
師としても活動し、iPhoneアプリ『はじめてのハワイアンウクレレ』監修&出演など活
動は多岐にわたる。

WEB : http://ao-aqua.com/

コイケ龍一 (アフリカンパーカッション・カリンバ・うた)

1971年東京生まれ。
20才、本場アフリカへ太鼓修行に行く。
タンザニアのバガモヨでリンバ(親指ピアノ)に出会い、フクウェ・ザウォセ氏に習う。
帰国後、駒沢レオらと共にハクナターブ(東アフリカンダンス&ドラムグループ)を結成、全国でコンサートを行う。
ダブルフェイマス、辻仁成、田村直美、板橋文夫らのコンサートにゲスト出演。
29歳で再度アフリカへ向かう、ジンバブウェのムビラ(親指ピアノ)の巨匠エファット・ムジュル氏に習う。
Oto氏(exサヨコオトナラ、じゃがたら、ビブラストーン)とバンド「ムビラトロン」結成。
ピアノの重松壮一郎とアルバム「森あそび」発表。
2011年タナカ慶一(元kingdom☆Afrocksのドラマー)とバンド「Zungooca」結成,CD発表。
S-kenプロデュースの中山うりのアルバム「Viva」に参加。
Naoito,エピゾバングーラ、Jaribu Afrobeat Arkestra, Sundrum,らのイベントに参加。
2012年カリンバ奏者SageとCD発表。岡山へ移住。
2013年奈良大介(exサヨコオトナラ)・mueと共にCD「ら・ら・ら」発表。
2016年ウクレレシンガーAO AQUAとCD「とけあう」リリース。
現在、演奏活動と平行してカリンバ制作にも打ち込んでいる。

カリンバ・ムビラとは
アフリカの民俗楽器で、木の箱や板に鉄の板バネが貼り付けてある楽器。
親指の爪ではじいてオルゴールのような音が出ます。
親指ピアノとも呼ばれます。
ao aqua コイケ龍一
スポンサーサイト
2016.08.26 / Top↑