ライブは毎回奇跡だなあと思う。
山笑茶屋は、親子三人で週に3日(日月火)営業している、カフェ&レストラン。
それぞれ持ち味を生かして分担してお仕事されている。
お父様は、綺麗にお掃除をして、注文したお料理を丁寧に運んで来てくれる。お母様は、お庭の手入れを綺麗になさり、お料理にも細やかな気を使いお膳立てしてくださる。
娘さんが、全体のことを取り仕切り、お店のコーディネイトや、南国から取り寄せた、洋服なども販売なさっている。
僕と家内は、まるで森の中にあるような、この茶屋がとてもお気に入りで、度々訪れては癒されてしまう。
「ここでライブしてみたい」
そんな思いを、足繁く通ったのち店主に伝えると、快く前向きにOKしてくださり、今回ライブをする運びとなったわけです。
みんなが大好きな山笑茶屋さんの「この雰囲気の中で音を鳴らせば、それは気持ちいいだろう」ということは、誰もが感じるらしく、宣伝開始後すぐに満席になってしまいました。
ムビラ、カリンバは、森にぴったりの楽器です。
蝉の声や雨音と、ムビラの音がよく溶け込んで、
さらに森のこだまに囲まれて、僕ら演奏者もリラックスした自然体で、演奏することができたと思います。
そして、松本弥生さんの明るい笑顔と、天使の歌声、そして盛り上げるのがとても上手なのに驚きました。
色々な人の持っている力を出しあい、聴きに来てくださった皆様の持っているものも混ざり合い、
色々な状況が重なって、奇跡的な素晴らしい空間が生まれたことを、心から感謝いたします。
20264564_1460436760679165_2400593605969807916_n.jpg
チャイ
すみれさんやよいちゃん
スポンサーサイト
2017.07.28 / Top↑