ミツバチのことが好きな、植木屋さんの社長の話で、
最近大量にミツバチが死んでいるという話を聞いた、
その原因はいろいろな説があるが、
最近のミツバチ業界の話で、農薬に問題があることが明らかになりつつある、

養蜂家・久志 冨士男さん(長崎県)の話では、ミツバチどころか、ツバメも雀も
長崎県から消えてしまっているらしい、

これは農薬を空中散布した地域だけで起こっており、農薬をまいていないところではミツバチも雀も健全だという、

この元凶になっている農薬は、ネオニコチノイド系農薬で、たばこなどに含まれているニコチンに似せた化学合成の農薬で、昆虫の神経系に影響を与えて殺してしまう農薬です。
1990年代初め頃から残効性・低農薬・殺虫効果抜群という新しい農薬として使われ始めました。
この頃から、世界各地の養蜂家からミツバチの大量失踪が報告され始めました。
具体的な製品名としては、
アセタミプリド・イミダクプリド・クロチアニジン・チアクロプリド・ダントツ・ジノテフラン・イダワロプリド
などがそれです。
このネオニコチノイド系農薬と有機リン系農薬が混ざるとさらに強力になって、1000倍くらいの殺虫効果があるらしく、人体に影響しないわけがないと思われます。

雀、ミツバチは、表面的な現象ですが、他の昆虫や小動物が死んでいないはずはなく、このままではどこに行っても、虫をみることすら出来なくなってしまうと言う「沈黙の春」のような現象が待ち受けています。

小動物がいなくなると、あらゆる植物は受粉が出来なくなり、結実しないので、食糧難につながっていきます。
人類は、あらゆる面で危機を迎えていると言うことです、いや、自分からそのようにしているわけです。

この農薬の危険性をなるべく沢山の人に知ってもらい、真実を理解してもらうためにDVDを現在作成中です。
『ミツバチを救えプロジェクト」http:blog.goo.ne.jp/mitubachisukue/
呼びかけ人:魚住 道郎(有機農家)
      金子 美登(NPO法人全国有機農業推進協議会理事長)
      鎌仲ひとみ(映画監督)
      田坂 興亜(アジア学院常任理事)
      田中 優(未来バンク事業組合理事長)
      ほか
制作協力募集中です。
スポンサーサイト
2010.08.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ilimba.blog90.fc2.com/tb.php/103-63e925e4