今回のイベントに、DVD出演の養蜂家久志冨士男さんがいらっしゃいます。
長崎でのミツバチのことや、長年にわたって、ミツバチと対話してきた生のお話が伺えます。
是非入らした下さい。

2011/2/11DVD「ミツバチからのメッセージ」
上映&トーク&音楽ライブ
トーク:久志冨士男(長崎県在住・養蜂家)
    御園孝(造園家・「ミツバチからのメッセージ」DVD制作実行委委員長 
    コイケ龍一(親指ピアノ奏者、「ミツバチからのメッセージ」音楽担当)
    吉度日央里(オーガニック・ジャーナリスト)    
音楽ライブ:コイケ龍一(親指ピアノ・アフリカンドラム・歌・パーカッション)


 1990年代から、ヨーロッパでミツバチの大量死や数の減少が起こり始めました。その現象は世界中に広がって、日本各地でもミツバチ被害が数多く報告されています。その直接的な原因とみられているのが、ネオニコチノイド系農薬。
 DVD「ミツバチからのメッセージ」は、この農薬散布後にミツバチの大量失踪が起きた現場からの緊急報告映像です。
 ネオニコチノイド系農薬は、1990年代初め頃から、残効性、低農薬、殺虫効果抜群という新しい農薬として使用され始めました。この農薬は、神経毒性でミツバチを含む昆虫類を殺すものですが、生態系や人への影響も懸念されています。
 また、水溶性のこの農薬は作物の内部に浸透するので、種子消毒に使用したり散布したりすると、農薬が作物に浸透したまま成長することになります。
 ネオニコチノイド系農薬は、農薬として稲や野菜、果物に使用されているだけでなく、ガーデニングの花や芝にも使われており、シロアリ駆除やペットのノミとり、殺虫剤といった形で、私たちに暮らしの中でも使われています。
 このDVDは、「ネオニコチノイド系農薬散布後に起きたミツバチ大量死の現場や人間の健康被害の様子が、実際にどうなっているのかを知りたい」という制作者たちの思いで作られました。その結果、農薬散布後のミツバチの死骸からネオニコチノイド系農薬が検出され、近隣住民、特に小さな子どもたちに健康被害が多発していることがわかりました。
 アインシュタインが、「ミツバチが絶滅したら、人類は4年で滅ぶ」と予言したと言われていますが、2007年春までに北半球の 1/4のミツバチが消滅しました。
 私たちはまず事実を知ることから始め、自分たちにできるアクションを急ぎ考えなければならないのではないでしょうか。


日時 2月11日(金・祭日) 18時30分~20時半(開場18時)
場所 カフェブルー(千葉県千葉市中央区弁天1-30-1)
参加費 1000円(オーダー別・要オーダー)
先着30人。要予約。
問い合わせ先 TEL&FAX.043―285―6308
申し込みは電話かFAX、店頭でお願いします。

久志冨士男(ひさし・ふじお)
1935年長崎県に生まれる。佐賀大学文理学部英語英文学科卒業。以来1996年定年退職まで、長崎県の高等学校で英語教師を勤める。日本民主主義文学会会員。作家。著書に夜間定時制を舞台にした小説『先生ご栄転ですか』(自費出版、品切れ)、郡部の高校を舞台にした学校崩壊と再生を描いた『聖なる道化師』(高文研、品切れ)がある。
アジア養蜂研究協会会員。日本蜜蜂研究会会員。在職中からニホンミツバチを飼い始め、退職後はニホンミツバチの生態研究と普及に専念する。ニホンミツバチ養蜂用器具の特許、実用新案多数。
『壱岐・五島ワバチ復活プロジェクト』主幹。戦後長崎県の離島で絶滅していたニホンミツバチを2007年と2008年にすべての島で復活させた。

御園孝
造園家。有限会社蕗庭園社長。NPO「まず蜜源植物から始めよう」主催。造園家として、植物等、自然と触れる中からミツバチと出会い、日本ミツバチの捕獲を各地で体験。ミツバチの危機を知り、「ミツバチを救えプロジェクト」を始める。

吉度日央里(よしど ひをり)
1960年、静岡県生まれ。オーガニック系を専門とする編集者、ライター。マクロビオティックインストラクター(ムスビの会認定)。「マクロビオティック・ピクニック」主宰。『マクロビオティック望診法―美人のレシピ』(山村慎一郎著・中島デコ料理、洋泉社)、『発酵道』(寺田啓佐著、河出書房新社)など、数々のマクロビオティック関連の本を世に出す。「種まき大作戦」に立ち上げから参加し、出版部門を担当。『半農半Xの種を播く』や『土から平和へ』(以上2冊塩見直紀と種まき大作戦編著、コモンズ)などを制作。著書に『種まき大作戦 ~土と命に触れる行き方~』がある。
スポンサーサイト
2011.02.02 / Top↑
Secret