FC2ブログ
音楽をただ楽しむためだけにやりたい。
数年前からセッションナイトというイベントを企画してきた。
岡山に来て、音楽好きの人達と繋がりたいということもあったのだが、音楽を純粋に楽しみたいという気持ちが強かった。
見せるための音楽と、生活の中に息づく音楽とは違う。
アフリカの田舎で聴いた太鼓のような、本物の自分が縦横無尽に踊り回って出てくるような、お互いに冗談を言い合うような「遊び」の秘密言葉。
みんな真っ白になって、次の日にまた生きていこうと思えるような、本音をぶちまけ合えるようなバンド、そんなバンドをいつか組みたいと思っていた。
20代の後半に、遺跡発掘のバイトで知り合った関根くん、高円寺で一度、関根くんのバンドにゲストで参加したことがあった。
カッコイイバンド、その後どうしてるかと思っていたが、
4年前に突然岡山のライブ会場に遊びに来てくれた。
彼も岡山に移住して来たという。
まさかの再会、ここ二年くらい、一緒に曲を作ったり、練習してみたり、
お互いの人生で感じていることを、少しづつ音として構築していく。
今回は、ベースとカリンバ、ベースをステージで弾くのは、高校の時、リトルクリチャーズのメンバーたちとのステージで、ベースを弾いて以来。
言っておきたいのは、ショーではない、あくまでも生きた音楽を、そこで演奏するだけだ。
だから素朴かもしれない、それでいい。
車が通るアスファルト道路が、普通のポップスだとすると、僕らのは、砂利道だと思ってほしい。
あえて、砂利道を今でも歩いて生きたいのだ

2018年3/3
奉還町KAMP19:00から
Pressure Dropというイベントで、演奏します。「火を囲む会」
スポンサーサイト
2018.02.16 / Top↑
Secret