2/9ムビラサロン(親指ピアノイベント)の次の日から、青森に出かけた.
2/10八戸、クラブバオバブ、大きな音で、クラブのイベントは、繰広げられる。
  いつも歌う、スモールブルースは、「大きなものより、小さなものの良さを、みつけよう」
  というメッセージのため、大音量で言うというのも、自ら矛盾をかかえてしまうので、あえて選 、 曲はしなかった.ツアー初日から、真夜中12時からのライブ、緊張もあったのか、いきなり 、 指にケガしてしまい、旅先が不安になる。
2/11十和田風のひろば。チリンバワークショプ
  皆さん、アフリカの親指ピアノということで、めずらしいことと、風のひろばというお店のイメージの良さで、17人と沢山いらしていただきました.
  アフリカの指ピアノを触ってもらうということだけでも、皆さんにとって、良い体験であったと、思えてくれたのなら幸いです.
  僕が、教えても教えなくても、弾ける人は、勝手にうまい。
  ただ、こちら側に出来るのは、それらを、共有する、時間を、プロデュースする事ぐらいなのだと感じた.
  夕方から、ライブ.お店の一角なので、そこまで大きくはないが、素敵な空間で、音を出すだけで、楽しくなれる場所だった、
  聞かせる、というより、お客様にまかせて、自分から、歌わざるおえない状況に、場所自体がなってゆく.
  時間を、共有するという感覚が、じょじょに生まれて来ていた.
  つづく。
スポンサーサイト
2007.02.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ilimba.blog90.fc2.com/tb.php/6-83abc891