日時
11月 24日 (月), 16:00 ~ 20:00
場所
@東京江戸川区平井 最勝寺 (地図)
説明
16:00 open 17:00 start 入場無料/ドネーション(寄付)制 200名限定 ※入場にはメール予約が必要です。 人数と代表の方のお名前を記載し、 予約用アドレスにメールくださいませ。 200名限定ですので、ご予約はお早めに。 入場無料ですが、次回開催につなげるため、 当日はなにとぞドネーションにご協力ください。 2000円以上ご協力いただいた方には、 今回イベント主旨に賛同してくれたアーティストによります、 新録/未発表音源による癒しのコンピCDを プレゼントさせていただきます。 ※予約アドレス: meneki1124@yahoo.co.jp 血液は、人によって違います。 目で見るそれはまるで、その人の宇宙のよう。 そして、白血球などの免疫は、わたしたちの気持ちと大きくリンクしている、 大事なチームメイトなのです。 なぜ人はガンになるのか。アトピーになるのか。 血液が日々もたらすドラマに、目と耳を傾ければ、 私たちが現代で、どう共存すべきか、見えてくるでしょう。 ホリスティック予防医学研究所 杉 喬夫博士の講演を通して、 すべての細胞に語りかけるLIVE演奏を聞いて、 美しくはかなく、でも愛おしい血液の神秘を、感じましょう。 私たちは、宇宙を持っているのです。 主催 たどころ~るより ---------------------------------------------------------------------------------- 講演:杉 喬夫 (すぎ たかお) ホリスティック予防医学研究所所長。医学博士。 大学の恩師・千島喜久男博士(1975年ノーベル賞にノミネート )の千島学説を基盤とし、病態生化学は、奥田拓道博士に師事 し、ホリスティック思想を基に、生きた血液細胞分析(LBA) をツールとした予防医学及び疾患改善指導に邁進する。 1万4千件 に及ぶ血液細胞分析を行い、現代医学のニッチ戦略的 存在として、各自にとっての本当の健康指導、癌をはじめ多くの疾患 患者の病気改善指導に貢献している。特にミステリアスながん患者の 改善に努力する。 LIVE演奏: ◎たどころ~る(民族楽器カリンバ) 「I am 宇宙 ~免疫との共存~」イベント主催。 民族楽器カリンバ、BASS,マリン缶演奏者。野外イベント、レイヴ、環境イベント、富士山や鍾乳洞、洞窟での奉納演奏など、多方面で、その想いを発信し続けている。去年、肺ガンによるイノチの旅を経験。演奏と共に、免疫や呼吸に関するトークやシェアリングイベントも精力的に行っている。 http://www.myspace.com/tadokoroll ◎rocomoon(スピリチュアルヴォイス) 独自の声の波動による表現活動を行っているヴォイスアーティスト。 言葉ではない音の唄声による即興演奏で、写真家、舞踏家など、様々なジャンルのアーティストと共演。2006年から元LUNASEAのSUGIZO氏らのユニットS.T.Kの一員として渚音楽祭に出演。その他都内ライブハウス、スマトラ島支援イベント、画廊、劇場などにて活動中。Istアルバム「言挙」発売中。 http://www.rocomoon.net/ ◎最勝寺住職 山田俊尚(声明/インディアンフルート) 10歳にしてお坊さんになる。平成8年に比叡山で修行して以来、18回の断 食護摩修行などを含む十二年間の修行をし、心と身体の関係について深く洞察する。 インディアンとの交流も深く、サンダンスに参加。 たどころ~るとは10年以上に渡り音楽活動を共にしている。 (二人は大学の先輩後輩という関係でもある。) 他にも「Gocoo」「はち」などにも参加し民族楽器「ディジュリドウー」等を演奏。海 外ツアーを経験し、世界的アーティストとも共演した。 音楽が修行に影響を与え、修行が音楽に影響を与える中、相乗効果で今の境地に いたる。 http://mekifudou.com/ ◎ムビラトロン 日本の再生地帯を「音楽の旅」しているサヨコオトナラのギタリストOto(Ex.じゃがたら)と、親指ピアノとして知られているアフリカ産の伝統楽器ムビラ、イリンバを演奏するリュウイチの二人の出 会いで始まる。 http://homepage2.nifty.com/ilimba/ ----
スポンサーサイト
2008.10.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://ilimba.blog90.fc2.com/tb.php/60-21a3d8fc